クレジットカード 悪用

【無料】 全国の相談所からあなたにピッタリの専門家を探せます

街角法律相談所無料シュミレーター

クレジットカード 悪用

他人事ではないクレジットカードを悪用されるケースが増加しています。

 

 

●クレジットカード悪用はどんな時に起こる?
コンピューター時代になったことで個人情報の流出問題がさらに加速しています。

 

その中で最も怖いのがクレジットカード悪用。知らないうちに勝手にカードを使われてしまうかもしれません。

 

これが起こる可能性はスキミングと呼ばれるカードの情報を読み取られた時、クレジットカードそのものを盗まれた時、ネットでクレジットカードを使用して買い物などをし、その情報が何らかの原因で漏洩してしまった時などがクレジットカード悪用に繋がる可能性が高いです。

 

 

●クレジットカード悪用がわかった時点での対応
クレジットカード悪用に気が付いたらその時点でクレジットカード会社へ連絡を入れましょう。

 

すぐに使用状況を確認してくれます。その時点でクレジットカード悪用だと判断され不正利用の分の請求がゼロになるとは限らない点には要注意。

 

しっかりとした調査が行われることが多く、クレジットカードの利用者は会社に言われた通りに行動を取らなければなりません。質問には嘘偽りなく答え、書類の作成を求められたらそれに応じるようにしてください。

 

 

●クレジットカード悪用でも支払い義務は生じる?
もし自分以外の人間がクレジットカード悪用をしたと判断されたらその分の支払い義務は生じません。

 

しかし例えば自分のクレジットカードの情報を誰かに伝えた場合、あるいはカードを誰かに貸したことがあると判明した場合には、本人の意志で使用したわけではなくても支払いの義務が生じる可能性が高いでしょう。

 

家族など身近な人が使った場合にも同様のことが言えます。あるいは、クレジットカード悪用だと訴えても商品などがカードの持ち主の家や関係先に送られていればこれも支払い義務が生じる事例となり得ると思います。

クレジットカード 弁護士

上記のように悪用されたりトラブルにあった際に、弁護士に力になってもらうのは良い手です。

 

 

●クレジットカードのトラブルのあれこれ
クレジットカードは一時的にお金を貸してくれるサービスですよね。

 

ショッピング枠でもキャッシング枠でもそれは変わりません。

 

買い物をしたりお金を借りたはいいものの、その支払いができなくなるというトラブルが多いと思います。

 

他にも不正にクレジットカードを使われてしまったとか、クレジットカードを使ってローンを組んだ商品が届く前に、購入先の会社やお店が倒産してしまったなどのトラブルもないとは言えません。

 

これらのトラブルに見舞われたら弁護士に相談してみましょう。

 

 

●クレジットカードにより借金も債務整理可能?
クレジットカードでお買い物をしたけど、その支払いが滞り完済できそうもない時でも債務整理を行うことは可能です。

 

自己破産とは異なり借金を返さなくてよくなるわけではありませんが、利息分をカットしてもらうことで返済額を減らすことができるのです。

 

これなら焦らずに地道に返済していくことができますよね。

 

ちなみに消費者金融などで借金をして債務整理するよりも、クレジットカード会社は比較的対応がいいようです。
弁護士に間に入ってもらうことで問題はすんなり解決するでしょう。

 

 

●債務整理後のクレジットカードの扱いは?
弁護士に相談してクレジットカードの問題を解決してもらった場合、しばらくの間クレジットカード自体の使用ができなくなります。

 

債務整理をすると信用性が失われるからです。

 

再びクレジットカードを作ってもまたローンが払えなくなれば困るのはカード会社。
そんなリスクのある人にカードを渡したくないと考えるのは当然でしょう。

 

「しばらくの間」というのは5年以上、長い時には10年ほど使えなくなります。

 

ただ先の不便よりも今の借金をどうにかすることを考えた方がいいので、苦しい時にはやはり弁護士に早めに相談するのがベターだと思います。

 

 

以上、クレジットカードを悪用された場合や、弁護士への相談についてまとめです。

 

 

クレジットカード 悪用 トップへ戻る